HOME < OB紹介 < 第86回都市対抗野球大会出場OB < 第86回都市対抗野球大会結果




平成27年度

7月18日(土)から12日間、東京ドームにて開催されました。
青文字・・・OB出場チーム

優勝 日本生命



7月18日(土) 西濃運輸 対 JFE西日本
 (第1回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
JFE西日本 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0
西濃運輸 1 0 1 0 0 0 1 0 × 3 12 0

 JFE西日本の岡将吾(平成24年卒)が5番ショート、
友滝健弘(平成24年卒)が7番センターでスタメン出場し、1安打を放ちました。



7月18日(土) 大阪ガス 対 東京ガス (第1回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
東京ガス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 0
大阪ガス 1 1 0 0 0 0 0 0 × 2 5 0

東京ガスの小林勇登(平成25年卒)が2番セカンドでスタメン出場し、3塁打を放ちました。
東京ガス(補強選手)の北道貢(平成16年卒)が5番レフトでスタメン出場しました。



7月19日(日) 日本通運 対 富士重工業 (第1回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
日本通運 0 0 1 0 3 0 0 0 0 4 9 2
富士重工業 4 1 0 0 0 1 0 0 × 6 13 1

日本通運の井口拓皓(平成25年卒)が先発出場しました。



7月19日(日) 日本製紙石巻 対 JX-ENEOS (第1回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
日本製紙石巻 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
JX-ENEOS 0 0 0 1 0 1 0 0 × 2 9 0




7月20日(月) 三菱重工神戸・高砂 対 JR東日本 (第1回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 H E
三菱重工神戸・高砂 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 4 6 6 0
JR東日本 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 6 2

 JR東日本の嘉数駿(平成24年卒)が1番セカンドで途中出場しました。



7月20日(月) 明治安田生命 対 三菱重工広島 (第1回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
明治安田生命 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
三菱重工広島 0 0 1 0 0 0 0 3 × 4 7 0

三菱重工広島の山本祐大(平成23年卒)が9番ファーストでスタメン出場し、
3打数1安打を挙げました。



7月20日(月) 王子 対 セガサミー (第1回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
王子 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 5 0
セガサミー 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0

セガサミーの砂川哲平(平成27年卒)が6番代走で途中出場しました。



7月21日(火) NTT西日本 対 永和商事ウイング (第1回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 H E
NTT西日本 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 6 7 13 1
永和商事ウイング 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 3 8 0

NTT西日本の河本泰浩(平成17年卒)が8番サード、
戸柱恭孝(平成25年卒)が7番キャッチャーでスタメン出場し、3塁打を放ちました。



7月21日(火) 東芝 対 JR四国 (第1回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
東芝 3 1 0 2 0 0 0 1 0 7 12 1
JR四国 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 7 1

東芝の林裕也(平成22年卒)が6番代走で途中出場しました。



7月22日(水) 西部ガス 対 日本生命 (第1回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 H E
西部ガス 0 0 0 0 0 1 0 0 1 5 1
日本生命 6 0 2 0 0 0 0 11 14 0




7月22日(水) トヨタ自動車 対 JR北海道 (第1回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
JR北海道 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
トヨタ自動車 1 0 0 1 0 3 0 0 × 5 9 1

JR北海道の中谷泰周(平成25年卒)が5番ライトでスタメン出場しました。



7月23日(木) ヤマハ 対 三菱重工長崎 (第1回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
三菱重工長崎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
ヤマハ 0 0 0 1 0 2 0 0 × 3 4 0




7月23日(木) 信越硬式野球クラブ 対 日立製作所 (第1回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
信越硬式野球クラブ 0 1 1 0 0 1 2 0 0 5 11 0
日立製作所 3 0 2 0 3 0 0 1 × 9 11 1




7月24日(金) トヨタ自動車 対 三菱重工神戸・高砂 (第2回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
三菱重工神戸・高砂 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 5 0
トヨタ自動車 0 0 1 0 0 0 5 0 × 6 11 1

トヨタ自動車の秦健吾(平成17年卒)が7番指名打者で途中出場しました。



7月24日(金) 王子 対 ホンダ (第2回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
王子 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2 6 2
ホンダ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0




7月25日(土) ヤマハ 対 JR東日本東北 (第2回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
ヤマハ 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 6 1
JR東日本東北 0 0 0 3 0 0 0 0 × 3 9 0




7月26日(日) 信越硬式野球クラブ 対 三菱重工広島 (第2回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
三菱重工広島 0 0 0 3 0 0 0 1 0 4 9 1
信越硬式野球クラブ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 3 0

三菱重工広島の山本祐大(平成23年卒)が9番ファーストでスタメン出場しました。



7月26日(日) 東芝 対 NTT西日本 (第2回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
NTT西日本 0 0 0 0 0 1 3 0 0 4 7 0
東芝 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0

東芝の林裕也(平成22年卒)が9番代打で途中出場し、
NTT西日本の河本泰浩(平成17年卒)が6番指名打者、
戸柱恭孝(平成25年卒)が7番キャッチャーでスタメン出場しました。



7月26日(日) 日本生命 対 トヨタ自動車 (第3回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 H E
日本生命 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2 4 9 0
トヨタ自動車 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 6 0

※大会規定によりタイブレーク方式12回1アウト満塁から選択打順



7月27日(月) 王子 対 日本新薬 (第3回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
王子 0 0 0 0 3 0 0 1 0 4 8 1
日本新薬 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 8 1




7月27日(月) 三菱重工広島 対 NTT西日本 (第3回戦)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
三菱重工広島 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 4 0
NTT西日本 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 5 1

 NTT西日本の戸柱恭孝(平成25年卒)が7番キャッチャーでスタメン出場しました。



7月28日(火) 日本生命 対 王子 (準決勝)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 H E
王子 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0
日本生命 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1× 1 8 0




7月28日(火) 大阪ガス 対 三菱重工広島 (準決勝)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
大阪ガス 0 0 2 0 1 0 1 1 0 5 11 1
三菱重工広島 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 9 1


三菱重工広島の山本祐大(平成23年卒)が9番ファーストでスタメン出場しました。